Service Provider Summit 2016 – サービスプロバイダサミット2016


Zimbra Japan held Service Provider Summit 2016 on March 9th, 2016 at Tokyo. This is the user group event where Zimbra Service Provider customers and partners flock together to learn the newest information regarding Zimbra vision, direction and product and also to exchange best practices. There were more than 70 people attending with full house event. We want to thank all the customers and partners who have contributed to make this event a great success.

Since this was the first Summit post Synacor acquisition of Zimbra, the event has naturally focused on the topic with the two question as the main topic which are:

  1. Who is Synacor? – What does it do with my business?
  2. Is Zimbra well? – Will Zimbra find a good home under Synacor?

We believe the attendees who are the loyal Zimbra customers and partners felt that Zimbra has finally found a good home with more stable financials and focus.

Keynote

Synacor and Zimbra

The keynote session has been given by Michael Bishara, SVP of Synacor Product and GM of TV Everywhere. He has focused on providing the introductory session of Synacor followed by how Synacor values Email business and how Zimbra fits as the key value proposition for Synacor business.
His demonstration of mobile application showing Email combined with Stream media card application composed of Short-Form video, news article, and messaging has drawn quite an attention from the Email focused audience with multiple customers and partners approaching to take the concept to market. Apparently this session has resonated with the customer from CSP market with the idea to renovate Email again as the revenue engine.

Best Practice

Synacor Mail – Operation Zimbra for Service Providers

The best practice session is usually provided by our Service Provider customers, but this time we have chosen Matthew Berg, who is the Lead Email Engineer at Synacor, operating Zimbra from 2006 for around 20 SPs, to provide his best practice experience for operation, migration, and monitoring. This session has drawn a huge wow from the audiences. Some of the comments include “Zimbra is finally with someone who knows how to operate large scale deployment”, “Zimbra should consider productizing the operational know-how and tools which is embodied in Synacor email operation team”.

Apparently our service provider customers were feeling well that finally Zimbra is in hand who understand the mentality of service provider. As the follow up, we will be posting Matt’s presentation in the form of blog separately since it had to be cut short during the session due to the time constraint.

Closing

Synacor for Japan – Who wants to be the First Penguin?

We closed off the Summit with the declaration that Synacor will be launching Synacor Japan bringing full-line of service to the market.

Service Provider Summit by photos

If you miss the Summit, don’t worry. Feel the energy and community feeling by viewing the photo on file.

VIEW MORE PICTURES


Zimbraサービスプロバイダサミット2016

Zimbra Japan合同会社はサービスプロバイダサミット2016を2016年3月9日に東京にて開催しました。本イベントはZimbraのサービスプロバイダのお客様、ならびに、パートナー様向けのユーザイベントで、Zimbraにおいて起こっている最新事情を共有・ディスカッションし、また、Zimbraを使用したベストプラクティスを交換する場として機能しております。70名ほどが参加するほぼ満席のイベントとできましたことをご参加のお客様・パートナー様に感謝申し上げます。

本イベントは毎年開催しておりますが、今回はSynacor社買収後まもなくのイベントですのでイベントのテーマを以下の2点に置きました
(1) Synacorって誰? = 私のビジネスのどんな関係あるんでしたっけ?
(2) Zimbra大丈夫? = 今回のSynacorでZimbraは落ち着くんでしたっけ?
今回のイベントでZimbraを長年にわたりご愛顧いただいているお客様・パートナー様におかれましては、Zimbraはようやく財務的に安定し親和性の高い事業分野へフォーカスする企業に所属することを理解していただけたのではないかと考えております。

キーノート

Synacor社とZimbra

キーノートセッションはSynacor社の製品担当上席副社長でTV Everywhere事業部長であるマイケル ビシャラ氏から行われました。Synacor社の紹介に始まり、Synacor社が考える
メールビジネスの位置づけを述べた後に、Zimbra製品がSynacorが展開するビジネスにおいて以下にコアとなる価値を提供しているかを解説しました。
ビシャラ氏が講演の中で実施したモバイルアプリケーションのデモで今風のビデオ・ニュース・メッセージングといった種々のメディアが混在したアプリケーションがメールアプリケーションと組み合わさってメディアアプリケーションの個性化に役立っているかを説明しました。このデモは非常な関心を呼んで、複数の参加者からぜひサービスとして実環境で
展開したいとの要望を受けるほどでした。このセッションで、サービスプロバイダ事業者の
お客様はメールサービスの収益化へのSynacor社の本気度を感じられたことで、盛り上がりを見せました。

ベストプラクティス

Synacorメールサービス - サービスプロバイダ向けにZimbraを運用する

ベストプラクティスセッションは通常サービスプロバイダ事業者のみなさまに講演していただいております。今回は、Synacor社で2006年からZimbraを20社前後のサービスプロバイダ事業者向けに運用してきているメール関係のリードエンジニアであるマシュー バーグ氏から彼の運用、移行、ないしは、監視といった分野での経験を共有する場を設けることとしました。
このセッションは大変に評判がよく、「Zimbraにようやく大規模なメールサービスの運用を理解する人が現れた」「Zimbra製品部はSynacorメールサービス部に内在する豊富な経験とツール群の製品化し、みなに提供するべきだ」といった意見をいただきました。
サービスプロバイダ事業者様は、ようやく言葉の通じるメンバがZimbraに寄り添うことで
製品の将来性に安心感を持っていただいたようです。
今回好評だったバーグ氏のプレゼンは、当日の発表時間の関係上、ダイジェストとなってしまいましたので、別途後日ブログ等に掲載する予定にしております。

最後に

Synacor社の日本市場への考え方 - ファーストペンギンを目指しましょう!

今回のサミットはSynacor社として日本市場でSynacorの持つフルラインの製品・サービスを立ち上げてゆくことを宣言して閉幕しました。

, , ,

Comments are closed.